歯のはなし 2007年6月号
<ショック2「ゴールドを失う!!」>

5月5日、快晴、東区で中古釣竿を購入してきた帰り道での出来事です。<BR>
北23条の南進一方通行の道を快走中、婦警が不意に角より走り出してきて、赤旗を振りながら左折して下さいと言っているではありませんか。なんと、そこでスピード違反の取り締まりをしていたのです。
「40kmの所を63kmで走っていたので23kmオーバーです。」<BR>
「失点2点です。」
「15000円を振り込んで下さい・・・。」
それから「お急ぎでしたか?」「印鑑はお持ちですか?」等々、次から次へとやつぎばやの質問攻めにあいました。
今までにスピード違反はもとより、車の運転に関わる違反や反則のことを聞くたびに「私もそれを他山の石としたい」と、日頃から注意していたつもりだったのに・・・。
帰宅後、ゴールドカードの免許証をしげしげと見つめながら、反省致しました。
知人にこの事を話すと、ニヤリと笑った後「場所はどこでしたか?」「○○でも時々測定していますよ」と話していました。また、オーストラリアのシドニーの友人にこの事を話したところ「オーストラリアでは祭日の反則は倍のポイントになるのですよ」と聞き「ああ、日本で良かった・・・」と思いました。
去年でしたか新聞に後部座席のシートベルト着用の義務化のことが載っていましたが、まだ、審議にはいたっていない模様で、やがては後部シートベルト着用の義務化となるでしょうし、オーストラリアのようにいっそう厳しい運転マナーを求められることになると思います。楽しい連休を過ごせたはずだったのに、私にとっては反則金を振り込むよりも、長い期間所持したゴールドの免許証を失ってしまった事がとてもショックな出来事になりました。・・・歯をくいしばる!!・・・