歯のはなし 2002年7月号
<歯の役割(パ−ト2)>

C  道具
   「切歯」の先は薄くノミ状でとがっており、裏はシャベル状になって刃物の刃のように物を噛み切ることが出来ます。また、「犬歯」は歯の根が長く丈夫で先がヤリ状でとがって、物を食いちぎりやすいので、ついハサミの代用で釣り糸を切ったり、昔はビ−ルビンの栓抜き代わりに乱用して、歯の一部を欠けさせた人を良く見受けられました。
歯は大事に取り扱ってほしいものです。

D 武器
動物はいざという時、歯をむき出して牙として攻撃します、また人間も人生を守る最後の武器として役立ちます。

E 歯ごたえ
物を噛む時、歯に感じる抵抗の感覚で食べ物を味わい、楽しんで食事をします。  現在は食生活も、戦前とかなり変わって、「軟らかい物」が増えているため、殆ど噛まないで飲み込むため、肥満者や生活習慣病が増加しているようです。
いつもしっかりと噛む習慣を身につけましょう。

F  食いしばる
昔から「火事場のバカ力」といった言葉もありますが、人生いざという時、「食いしばってがんばらねば」という気持ちになります。これは奥歯の噛む力の影響が大きいからです。
重い物を持ち上げたり、スポ−ツをする時一瞬しっかり食いしばります。口をあけたままでは敏しょう性の低下を招き、力が入りません。
スポ−ツ選手はシ−ズンオフになると必ず歯科医院に行くようです。
噛み合わせは個人にあった正しい位置に戻す必要があります。しっかりと噛める歯、歯並びが必要ですね。
(続く)