釣りのエサマキ!!

良く船釣りの話になると「船酔いしませんか?」と聞かれます。確かに船釣りを始めた当初は、まだ慣れていなかったので、酔うことも多かったです。しかし現在は、自分自身に自己暗示をかけることで、大小の波やうねりにも負けずに、問題なく満喫しています。これは、自律神経の機能が身についたためでしょうか?それでも、趣味の釣りを楽しめるので、有難いことです。

屋根の雪降ろしなどで高いところに登った場合は「上を見るな!」、海上にいる場合は「下を見るな!」と昔からよくいわれるそうです。先日、友人と新冠町の節婦へ宗八釣りに行って来ました。彼は数年ぶりの船釣りだった中、釣った魚を針から外すために終始下を向き、船上で無理な姿勢で作業していたためにか、釣りを開始したおよそ1時間で酔ってしまいました。更に、エサマキも始めてしまい、その後の4時間は残念ながらダウンしていました(苦笑)。

帰りに聞いてみると、彼は寝ないで乗船したことも敗因だったようです。船酔いの主な原因は睡眠不足、過労、空腹などではないでしょうか。船酔い対策は色々ありますが、私のおすすめは酸素を2回充分に吸って、深く1回で吐き出すことを数回繰り返し、遠くの景色を見ることです。これは、歯科医院で緊張してしまう患者さんにもリラックス効果が期待できると思います。

嫌な船酔いを回避して、次回はもっと楽しんでもらいたいと思います。