競馬に思う

桑園の札幌競馬場がリニューアルしたので、行って見ました。発馬1時間前には指定席券はすでに満員完売!その券のキャンセル待ちにも長蛇の列だったが、何とか獲得!私が訪れた日は、札幌・小倉・新潟の3ヶ所での開催で、札幌の入場者数は約4万人以上、他の2ヶ所は約1万5千人前後。札幌が一番多いので驚きました。
日本中央競馬場は全国的に改築され、売上高も毎年右肩上がりで人気上昇中。リニューアル前は圧倒的に男性が多かったが、現在は女性同士や子ども連れの家族も多い混雑ぶりで、遊園地に来たようだった。また、女性や子どもを意識した気配りやレイアウトも目に留まりました。
普段はテレビ観戦ですが、実物を目の前にすると迫力や緊張感が増し、のめり込んで楽しめます。蹄の音が響き、ゴールめがけて騎手と馬が絶妙なコンビネーションで最後まで駆け抜けるのには感心します。
実際に馬券を買う時の注目ポイントが今でもわかりません(苦笑)。馬好きによると血統・年齢・ハンデ・騎手・前走結果・人気順・追い切りタイム・芝やダートコースの状態など、かなり分析する必要があり、大変難しいです。
せっかく遊ぶならば負け戦じゃなく、少しでも勝ちたいと考えますが、やはり自分には船釣りの方がストレスもなく、性に合って楽しめるようです(笑)。だから、競馬は魚釣りに行けなかったときの趣味にとどめておこうと思います。