ショック7「アキアジとハプニング」

秋の北海道を代表する味覚の一つにアキアジ(秋鮭)があります。近年は不漁続きでしたが、今年のアキアジは「5年ぶりに魚が多く、形も大きい」と、十勝の釣りキチの友人から嬉しい連絡をもらいました。私も10月初旬に釣りに行く予定でしたが「早ければ早いほどいいよ」とアドバイスを頂き、9月13日~9月15日の連休を利用してJR特急券を購入し、釣り竿などの釣り道具は十勝・笹井ホテルに郵送して準備に取りかかりました。しかし、前日の12日には20年以来の集中豪雨が襲撃したために、きっと海水も濁っているのではないかと不安が脳裏をよぎりつつも、とりあえずは十勝目指して出発しました。
今までは豊頃町の大津沖で釣りを楽しんでいましたが、今回は、初めての大樹沖での釣りにチャレンジしました。出航は早朝4時からそのまま正午までの乗船でした。初日は2匹、翌日はなんとダブルで4匹釣りました。これは嬉しい誤算です!しかも、釣った鮭のどれもがパラパラとウロコがはがれ落ちるほどの銀ピカだったので、鮮度が落ちないうちに合計6匹をクール便で自宅に送りました。
宿泊した笹井ホテルの夕食はバイキング形式だったために仲間や家族連れ、カップルがほとんどで、一人参加の私は浮いていたことでしょうね。二日目は自分にも連れがいるかのようにテーブルにお盆を2枚用意してみました。そのおかげか、初日に比べると落ち着いて味わうことが出来ました(笑)。笹井ホテルは“モール温泉”で、釣りの疲れをゆっくりと癒して満喫しました。
ただ一つ、ショッキングなできことが起きました。帰りの車中、iPadで英会話を聞きながらウトウトとしていると、「次は札幌、次は札幌」と聞こえてくるではありませんか!?慌てて大荷物を持って飛び降り、改札口を出てみると、見慣れない景色に2~3日居ぬ間に改築されたのかととまどっていました。すると、翌日来院予定の患者さんとバッタリ遭遇しました。すると、「どうして札幌駅で下車しなかったんですか?」と不思議なことを言われたので、頭の中がますます疑問符でいっぱいになりました。それもそのはず、私が下車したのは“新さっぽろ駅”だったのです!道理で知らない景色なはず。自分でも寝ぼけていたので、言われてやっと気づきました。途中下車してしまったので、仕方なくチケットを買いなおすはめになり、なんとバカなことをしたのかとガッカリするやら苦笑するやら!以前から「先生はせっかちな人ですね」と言われましたが、どうやら図星だったようです。その後は患者さんの指示のもと、無事に帰宅出来ました。
釣った鮭やイクラは妻が子どもたちに郵送してしまったために、私の配分は少なかったです。そのため、リベンジに同月20日~21日にまた釣りに行きました。その時は船長がボウズだった中、私はオスとメスを2匹釣り上げ、前回より少ない釣果でしたが十分満足できました。帰りの車中では反省を生かして、今度こそ札幌駅に下車いたしました。