佐藤歯科医院の歴史

2010年 3月 9日


1934年当時の佐藤歯科医院(写真中央)
(佐藤歯科医院という看板が縦にかかっています。)

祖父が秋田より札幌へ来て1915年(大正4年)に現在の場所に歯科医院を経営して基礎を築きました。その後父(現在の東京医科歯科大学2期生)が1934年(昭和9年)に開業をしました。

私は1964年(昭和39年)日本大学歯学部を卒業後、東京医科歯科大学第2理工学部教室で文部教官助手として約2年間勤務後、再び母校の臨床理工学教室へ戻り「歯科用18K金合金の研究」をして歯学博士を授与されました。

その後1967年(昭和42年)に札幌へ戻り、父と一緒に診療に従事しながら1969年(昭和44年)に北海道大学歯学部理工学教官の非常勤講師を始め、 1982年(昭和57年)は札幌歯科学院の学生部長等も行いました。現在は職業奉仕を通じて自己研鑚に努めています。

現在では、一般診療から専門的な治療を幅広くしております。また当院では患者さんとのコミュニケーションを大切にしております。昔から来院される患者さんを始め、再来院される患者さんも多く、とてもアットホームな医院です。ぜひこれからもよろしくお願い致します。